銀行カードローンの審査必勝法

低金利で借り入れを行いたい、総量規制を気にせずにお金を借りたい。
そのようなことを考えている人が利用するのが、銀行カードローンです。
メリットの多いローンですが、それゆえに人気が高く、審査が厳しくなってしまうのが難点です。
しかし、どうせならお得に、かつ普段利用している銀行でお金を借りたいですよね。
では、カードローン審査に通るためにはどのような方法があるのでしょうか?


《銀行カードローンは信用がとにかく大事》

お金を借りる上で一番大事なのは信用をもたれること、つまり「この人には返済能力がある」と思われることです。
総量規制対象外となる金融機関は特に大きな額を借り入れる人が集まりますから、それだけお金を貸す側も慎重になっているのです。
そんな金融機関で信用を持たれるには、まずは年収や勤続年数などの勤務状況が安定しているということが重要です。
正社員という立場で揺るがない収入源を持ち、その会社で長年働いているという人が一番審査に通りやすいと言われています。
逆に勤続年数が1年未満の人は審査に通りにくく、パートやアルバイトの人は通ったとしても利用限度額が10万円までと少なめに見積もられてしまうそうです。
「この人にならお金を貸してもいい」と思われるには、どこかの会社で正社員として働くことが一番安全な道といえるでしょう。


《過去の清算を行っているかどうか》

また、過去にカードローンなどで借り入れを行い、そこで返済の延滞を行っていたり、債務整理などの事故を起こしていた場合は審査に通ることができなくなる可能性が高いです。
債務整理の場合は5~10年たてばカードローンの利用ができるといわれていますが、通過できる可能性は低いかもしれません。
過去にそのようなことを行っている人は、消費者金融など他のキャッシング会社で借り入れることを考えておきましょう。

Comments are closed.